VRヘッドセットの市場シェア

#568

こんにちは、チャーリーです!

メタプラットフォームズ(旧フェイスブック)がメタバース事業に力を入れていることはニュースでバンバン流れているので知っている人が多いと思います。

社名を変更したくらい注力しています。

しかも、ティッカーシンボルもFBからMVRSに変更することも決定しています。

※ MVRSはメタバース(metaverse)の略。

 

そもそもメタバースとは何かというと…

現実世界とは異なる3次元の仮想空間で社会とつながることを言います。

 

広義の意味だと以下の3つもメタバースに入ります。

マインクラフト

    

 

フォートナイト

 

 

どうぶつの森

仮想空間にアバター(自分の分身)を使って他者(社会)とつながることができます。

私はあんまり詳しくはありませんが、フォートナイトの中でアーティストがライブを行ったりしています。

例えば、日本人でいうと米津玄師とか星野源など

 

どうぶつの森の中でアバターが着る服もファッションブランドとコラボしています。

例えば、ジェラートピケ、ANNA SUI、Mauc Jacobsなどなど

こうやってすでにメタバース上でコラボして宣伝に活用しています。

 

ただ、今回はメタバースとはどういう世界なのか??ということは書きません。

というか、私自身もよくわかってないので書けないのが正直なところです。

 

 

今回書いていくことは、メタプラットフォームズ(旧フェイスブック)がメタバースにアクセスするために作っている商品のことを書いていきます。

メタプラットフォームズ(旧フェイスブック)のグループ会社であるMeta Quest(メタ・クエスト)のホームページに記載されていることをそのまま転記します。

 

「仮想現実(VR)は、人々がメタバースにアクセスするための最も没入的な方法です」と書いてあります。

 

Meta Quest(メタ・クエスト)がVRを体験するために作っている製品はこれです。

 

このVRヘッドセットのシェアを調べてみます。

以下の表ははCounterpointのレポートから数字を抜粋して作成しました。

レポートはこちら

※ 厳密にはARヘッドセットも含まれていますが、出荷量の90%強がVRヘッドセットです。

DPVRは中国企業

Picoも中国企業。

PicoはTikTokの親会社のバイトダンス社傘下

 

メタプラットフォームズ(旧フェイスブック)が80%のシェアを握っているので断トツです!!

上記しましたが、再度同じことを書きます。

メタは「仮想現実(VR)は、人々がメタバースにアクセスするための最も没入的な方法です」と言っています。

メタバースで覇権が取れるかどうかはVR市場を制するかどうかがカギになると思います。

 

そういう意味だと今のところはメタプラットフォームズがVR市場の80%を握っているのでメタプラットフォームズが一歩リードと言ったところでしょうか。

 

 

整理すると…

メタバースが今後流行るのかどうかはさっぱりわかりません。

しかもメタバースがメタプラットフォームズに利益で貢献できるかどうかもよくわかりません。

ただ1つ言えるのは、メタバースにアクセスするためにはVRヘッドセットが不可欠みたいです。

そのVRヘッドセットの市場シェアを見る限りでは、メタプラットフォームズが80%を占めているので他社よりも一歩リードしていることは間違いないと言えます。

2
チャーリー
  • チャーリー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です