2023年1月-3月期 決算発表:ユナイテッドヘルス

#810

こんにちは、チャーリーです!

最近私のオススメ銘柄に入れたユナイテッドヘルスグループが2023年4月14日に2023年度第1四半期決算を発表しましたので発表内容を書いていきたいと思います。

 

ユナイテッドヘルスグループとは

アメリカで最大の民間医療保険会社。

アメリカは日本と違って、国民皆保険ではないので医療保険の需要が高いです。

 

まずはユナイテッドヘルスの株価推移から見てみます。

    

見ての通り、キレイな右肩上がりを続けています。

 

ただ、今回発表された2023年度第1四半期決算の発表を受けて株価が下がってしまいました。

2023年4月14日

ユナイテッドヘルス:前日比2.74%下落

 

 

それでは決算内容を調べていきます。

以下の表はすべてユナイテッドヘルスグループの四半期報告書から数字を抜粋して作成しています。

四半期報告書はこちら

 

純利益から見てみます。

前年同月比で11.6%増益になっています。

保険会社は買収を繰り返していているので、2017年くらいから純利益が大きく伸び始めています。

 

次はEPS(1株あたりの利益)

前年同月比で12.9%増加しています。

保険会社は設備投資にお金がかからないので、潤沢にあるフリーキャッシュフロー(自由に使えるお金)が潤沢にあります。

その効果もあってEPS(1株あたりの利益)はキレイに右肩上がりになっています。

 

次はユナイテッドヘルスグループの収益の内訳を調べてみます。

2022年度の売上高ベース

医療保険部門:77.0%

オプタム部門:23.0%

 

2022年度の営業利益ベース

医療保険部門:50.6%

オプタム部門:49.4%

 

オプタム部門とは

医療・薬剤給付サービスから提携先などに対する外来患者ケアや分析サービスを行っている部門です。

処方箋調剤の薬剤給付管理をしているなど

 

これを踏まえた上でユナイテッドヘルスの医療保険加入者数を調べていきたいと思います。

全世界

多少デコボコはありますが、右肩上がり保険加入者数が増えていることがわかります。

 

アメリカ国内だけの加入者数

アメリカ国内だけで見てもデコボコはありますが、加入者数は過去最高を更新しています。

 

アメリカ以外の国

アメリカ以外の国では医療保険の加入者数は増えていないので、アメリカ国内が主力市場ということがわかります。

なぜ保険加入者数にデコボコがあるかまでは調べていませんが、現在の保険加入者数が過去最高に多いということは変わらない事実です!

 

 

整理すると…

ユナイテッドヘルスは医療保険の加入者が増加基調をたどっていることと、買収により医療保険部門以外の収益(オプタム部門)が育ってきていることを考えると本当に長期投資に向いている銘柄だと思います。

しかもフリーキャッシュフロー(自由に使えるお金)が潤沢にあるっていうのが強みだと思います。

次回のブログでは過去のキャッシュフローも調べていきたいと思います。

3
チャーリー
  • チャーリー

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です