つみたてNISAをやめようと思っている…

#902

こんにちは、チャーリーです!

この前ある不動産会社の社長と話した時のエピソードを紹介します。

「2019年からつみたてNISAで全世界株式に投資しているんですけど、株価が下がりそうなので一度売却しようと思っているんです。どう思いますか??」

皆さんの周りで同じことを言っていたり、悩んでいる人はいないですか?

 

当然私は

「株価が下がっても続けた方がいいと思いますよ」

と応えました。

でも反応から推測するとたぶんつみたてNISAを売却する可能性が高いと思います。

 

 

その人が特殊というわけではないんです!

別の日に建設会社の社長はこう言っていました。

「トランプが大統領になったら株が下がるってみんな言っているからその下がったタイミングで買おうと思っているんです」

 

2人はほぼ同じことを言っています。

たしかに今のアメリカ株は割高になっているのは事実です。

全世界株式は調べたことがないのでよくわからないですが…

その前に調べ方がわからないです。

 

どの部分が2人が同じかというと、「タイミングを見て売買しようとしている」ということです。

タイミングを見計らって売買しようとしている時点で思考回路が短期売買になっています。

バフェットみたいに長期投資家ですが、タイミングを見計らって売買している人がいるのは承知していますが、それにはかなりの忍耐とテコでも揺るがない信念が必要です。

 

 

私もブログで偉そうにいろいろ書いていますが自白しないといけないことがあります。

株価が下がっている相場の時にお客様から株式の買い注文を受注するときは「もう少し下がるかもしれないから少し下で指値しようかな」とふと考えてしまいます。

簡単にいうとまだ下がるかもしれないと思っている証拠です。

下がる根拠なんか何もないのに。

 

そう思った時は目を瞑って下で指値なんかせず、心を強く持って買いにいっています。

当然、自分自身のお金で投資するときも同じです。

これを下がるかもしれないと思って様子見したと仮定します。

2つのパターンが考えられます。

・本当に下がったとき

・反転して上昇してしまったとき

 

よーく想像してみてください。

「本当に下がったとき」

欲と言っていいのかはわかりませんが、誰しもがもうちょっと安くなるまで待とうと思ってさらに様子見をしてしまいます。

例えば

現在100円の株価の銘柄があるとします。

様子見をしていると90円までさがってくれました。

もっと下がってから買おうとしないですか??

でもそうこうしていたら95円まで株価が戻ったらどうしますか??

損した気分になって買うのをやめてしまう投資家が一定数はいると思います。

 

「反転して上昇してしまったとき」

不思議なもので株価が高くなればなるほど投資したくなるのが投資家心理です。

結局高く買ってしまいます。

 

こういうことがあるので心を強くして目を瞑って買っています。

結果的にそれがうまくいっています。

つみたてNISAの話からはだいぶズレましたが、タイミングを見計らって売買しようとするとうまくいかなくなる可能性がどんどん高くなります。

積み立て投資の場合は、積み立て投資のメリットもう一度よく確認すべきだと思います。

 

 

整理すると…

タイミングを見計らって売買してうまくいく人がいるのは知っていますが、極々少数の人だけです。

大多数の人は失敗しています。

不安になったときこそ、なんでこの銘柄に投資したのかを振り返って考えるようにしてみてください。

2

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です