大統領選挙は気にすべきか??

#965

こんにちは、チャーリーです!

先週の土曜日に午前と午後と2回投資セミナーを行ったのですが、今回は1つ新しい試みを行いました。

それは私の子供がセミナーに参加したことです。

 

趣旨は投資の勉強をしてもうらとよりも、「大人が真剣に仕事をしている姿、職場を見せてあげたかった」ことです。

私には息子が3人いますが、1人ずつに趣旨を伝えて参加したいかどうかを聞くと、次男だけが参加したいと言ってくれました。

小学校6年生です。

 

セミナー後に感想を聞いてみると、「内容は半分くらいわからなかったけど、セミナー参加者がすごく嬉しそうに満族して帰っていったので僕も参加して良かった」と言ってくれました。

実は今回のセミナーはハードルが少し高かったんです。

セミナー参加者の1人が最初から攻撃的で私に対して友好的ではありませんでした。

もちろん私は初めてお会いする方です。

友好的ではないというのを次男もすぐ気付いていたらしいのですが、その方がセミナー終了時にはすごくニコニコされて、満足されて私に対して感謝していた姿を見て次男もいろいろ思うことがあったんだと思います。

 

 

だいぶ前置きが長くなりましたが、その前述したセミナーでアメリカの大統領選挙について聞かれました。

「トランプさんが大統領になったら株が下がると思うのですがどう思いますか??」

 

たしかに大統領選挙をすごく気にしている人が多いです。

経済ニュースや証券アナリストなども「大統領選挙の前は○○になりやすい」「大統領が1期で交代したら○○になる」「○○党が勝った方が株価が上がりやすい」などいろいろ言っているので一般投資家が気にするのも無理はないです。

 

上記の質問に対する回答

前回トランプさんが大統領に就任している時の株価を見たら答えはわかると思います。

ちなみにトランプ大統領が就任していた期間は以下の通りです。

大統領選挙日:2016年11月8日

相手:ヒラリー・クリントン氏

2017年1月20日~2021年1月20日

これが答えだと思います。

2つのパターンで計算してみます。

① 大統領就任期間の騰落率

2017年1月20日~2021年1月20日

2,271.30ドル → 3,851.80ドル

騰落率:+69.58%上昇

 

② 選挙日~選挙日の騰落率

2016年11月08日~2020年11月3日

2,139.60ドル → 3,369.20ドル

騰落率:+57.46%上昇

 

わざわざ計算するまでもなくパッと見でわかりますが、トランプ大統領が選挙で勝った日からでも、正式に大統領に就任していた期間でも株価は上がっています。

 

ただ

もう1つ考えないといけないことがあります。

「大統領がトランプ氏になったから上がったのか??」ということです。

この検証は以前にもしたことがありますが、次回のブログで再度してみたいと思います。

 

 

整理すると…

経済ニュースやアナリストのコメントに振り回される人が本当に多いです。

そもそも考えて見てください。

経済ニュースでコメントしている人はどんな人ですか??

アナリストはどんな人ですか??

金融機関の関係者の確率が極めて高いです。

金融機関は売買を促さないと商売が成り立たないんです。

そのことだけでもわかっていたら振り回されることはなくなります。

2
チャーリー
  • チャーリー

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です