このニュースは買いなのか??

#705

こんにちは、チャーリーです!

突然ですが、このニュースを見てどう思いますか??

   

画像引用元:日本経済新聞(2022年10月28日朝刊19面)

 

ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドの純利益が7倍になるという記事です!

すごくポジティブなニュースです。

このニュースを受けてどう判断しますか??

 

株価推移を見てみます。

デコボコしながらも順調に右肩上がりになっています。

この株価推移・上記のニュースを見たらオリエンタルランド株を買いたくなる人はそこそこ多いと思います。

 

 

結論を先に書くと「買ったらダメ」です。

そう思う根拠はいろいろあります。

 

まずは今期は純利益が7倍になるというのは、あくまで2022年3月期と比べてなんです。

純利益の推移を見れば何が言いたいかすぐわかると思います。

 

たしかに2022年3月期と比べると約7倍になっています。

2022年3月期:8,067百万円

2023年3月期:55,917百万円

増益率:6.93倍

 

ただ、55,917百万円という純利益がピークだった2019年3月期には遠く及びません。

2019年3月期と比べると38.06%も純利益が少ないです。

 

もっというと、55,917百万円という水準は2013年3月期とどっこいどっこいの利益水準なんです。

このことを踏まえた上で、再度株価推移を見てください。

 

高値からは多少株価は下がっていますが、ほぼ下がっていないと言ってもいいくらいです。

単純に今期予想の利益水準から考えると株価が割高過ぎです。

 

 

今度はEPS(1株あたりの利益)の推移を見てみます。

純利益と同じで2013年3月期と2014年3月期の中間水準です。

 

100万歩譲って、早期にEPS(1株あたりの利益)が2019年3月期の267.59円を超してくると仮定すれば、今買うのはわからないことはないですが…

早期に過去最高を更新するにしても今買うのはどうかと思いますが…

 

コロナが流行する前の2019年12月から過去5年間遡ってPER(株価収益率)を調べてみたいと思います。

PERとは

 …株価がEPSの何倍まで買われているのかを見る指標。

  数値が高ければ高いほど割高。低ければ割安。

 

コロナが全く関係のない平穏な時期の平均PERが40.58倍なんです。

今期予想のEPS(1株あたりの利益)で計算すると、今のPERは117.97倍になります。

※ 2022年11月1日時点。

誰が何と言おうと明らかな割高です!

 

仮に上記の平均PERを当てはめて計算すると、適正株価は6,927円になります。

「平均PER40.58倍」×「今期EPS 170.71円」=6,927円

2022年11月1日の終値は20,140円です。

 

仮に来期(2024年3月期)のEPS(1株あたりの利益)が今期(2023年3月期)の2倍になったとしてもまだ割高感は消えません。

株価20,140円÷EPS 341.42円=58.98倍

 

 

今回のブログで何が言いたかったのかというと…

一見すごくポジティブなニュースに見えても冷静に考えるとそうでもないことがあるので投資判断を見誤らないようにしてほしいということです。

新聞に限らず、テレビでもネットのニュースでもインパクトがある書き方をするので、思わずポジティブなニュースだと勘違いして投資しそうになりますが、冷静に判断してください。

 

 

整理すると…

今回書いたようなことはポジティブなニュースに限らず、バッドニュースにも当てはまると思います。

ニュースは見てもらうためにインパクトがある書き方をします。

ニュースを伝える側も仕事なのでウソや誹謗中傷を書かない限りはどういう表現で書いても自由です。

悪いことではまったくありません。

ただ投資の判断をする時は冷静になって読むようにしてください。

2
チャーリー
  • チャーリー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です