絶好調!! エヌビディアとは…

#157

こんにちは、チャーリーです!

今年は半導体大手の業績が絶好調という記事を以前書きましたが、その中で出てきた半導体メーカーであるエヌビディアについて調べてみたいと思います。

 

 

まずは株価から見ていきたいと思います。

株価推移を見ると2016年から一気に伸びているのがわかります。

 

次に事業別の売上高比率を見てみます。

データはエヌビディアのホームページ内にある年次報告書から数字を拾って表を作成しました。

年次報告書はこちら

 

2020年の売上高構成比率

 

ゲーミング……オンラインゲーム、eスポーツなどをゲームプレイをスムーズにするための画像処理。

データセンター……データセンター、クラウド事業

プロフェッショナル・ビジュアライゼーション……自動車、建築工学、医療画像などの3Dシミュレーション画像処理。

オートモーティブ……自動車関連(自動運転)

 

今は売上高が一番高いのはゲーム事業ですが、この事業の中で間違いなく最重要事業はデータセンターです!

2016年度の売上高構成比率と比較したら伸び率がよくわかります。

 

 

 

ちなみにエヌビディアが発表している2021年第一四半期の予想は以下の通りです。

今後益々データセンター事業が伸びてくると予想しています。

クラウドの流れは止まらないですね!

 

 

データセンター、クラウド事業の主な顧客

世界の名だたるIT会社が顧客になってくれています。

調べるまでこんな超優良企業が顧客にいるなんて知らなかったです…

世界的にクラウドの流れはどんどん進むと考えられるのでエヌビディアの活躍の場が益々増えてくると考えられます。

 

 

整理すると…

今期過去最高益を更新予定のエヌビディアの主力事業はデータセンターです!クラウド市場シェアの上位を占めているアマゾン、マイクロソフト、グーグル、アリババ、IBM、テンセントがエヌビディアの半導体を利用している時点でエヌビディアの凄さがすごくわかります。この6社だけでクラウド市場の73%のシェアを占めています!

3
チャーリー
  • チャーリー

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です