ファンド・オブ・ザ・イヤー2018の実力

#85

こんにちは、チャーリーです!

前回ブログで(ファンド・オブ・ザ・イヤー2019の実力)を書いたので、今回は2018の最優秀ファンドの実力を調べてみたいと思います。

残念ながら2019年の最優秀ファンドを受賞した投信はS&P500とパフォーマンスが大差なかったので今回は期待したいです!

 

 

ファンド・オブ・ザ・イヤー2018の最優秀賞

・国際株式型(グローバル・除く日本)部門(対象ファンド:926本)

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)」

※ 前回同様、いろんな部門の最優秀賞がありますが、国際株式型(グローバル・除く日本)部門で検証していきます。

 

 

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)はどういう投資信託なのか??

特徴

アライアンス・バーンスタイン・米国大型グロース株マザーファンドを通じて、成長の可能性が高いと判断される米国株式に投資します。

Aコース~Dコースの違いは、為替ヘッジの有無、分配頻度によって違うだけで中身の投資先は100%同じです。

 

表彰された理由

・四半期ごとのリターンが類似ファンド平均を全て上回っており、成長株に投資している類似ファンドの中でリターンがトップだった。

・2018年12月までの過去60ヶ月(過去5年間)の内、投資家は投資タイミングを問わず3年間保有すればプラスのリターンを確保できたことが評価された。

 

 

それでは2018年のパフォーマンスを見てみます。

※ 米国成長株投信Bコースは分配金込みのパフォーマンスです。

 

 

10月から年末にかけて米中貿易戦争が勃発した影響で、米国成長株投信BコースもS&P500も両方ともマイナスになっていますが、下落率は米国成長株投信Bコースの方が低い

 

 

続いては設定来からのパフォーマンスを比較してみたいと思います。

※ 米国成長株投信Bコースは分配金込みのパフォーマンスです。

 

2006年からの設定来のパフォーマンスを比較しても米国成長株投信Bコースの方が上昇率が高いです。

 

整理すると…

2018年に最優秀賞を受賞した米国成長株投信Bコースは、2018年の下落局面を見ても、約14年間の長期のパフォーマンスを見てもS&P500よりも優位性を保てていることがわかりました。

過去14年の間には、リーマンショック、ギリシャショック、チャイナショック、コロナウィルスなど様々な経済的苦難があったにも関わらず、資産が3.8倍になっているし、S&P500よりも優位性を保てているという点から“さすが最優秀ファンド!”と言える運用成績でした。

運用方針の変更がなければ、今後も引き続き良好な運用が期待できる投信だと思います。

1
チャーリー
  • チャーリー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です