2022.02.28 定期買付の状況

#508

こんにちは、チャーリーです!

2ヵ月に1度ずつ、子供名義(未成年口座)の定期買付の投資状況を報告しています。

 

この子供名義では、ジュニアNISA口座でアメリカ株のVISA(ビザ)を毎月1株ずつ自動買付しています。

定期買付は2020年3月17日から始めたので、ちょうど2年が経ったところです。

大きく下がった時は、定期買付とは別に買うこともあります。

 

この定期買付は本当に便利だなと実感しているところです。

なんで今更なんで??って思われるかもしれませんが、今の相場状況、今後の相場状況を考えてみてください。

ウクライナ情勢が悪化していて、アメリカの物価は1982年2月以来の40年ぶりの高水準になってますし、これからは利上げ&FRBの資産圧縮が待ち構えています。

 

こういう相場状況では、「もう少し下がるんじゃないか」と考えてしまって、なかなか投資意欲が湧いてきません。

でも頭では長期で見ると今下がっているところは買った方がいいと思っています。

心と頭が別々のことを考えてしまっているので、行動に移すハードルがすごく高くなっています。

 

そういう時に定期買付で強制的に毎月20日にビザ株を1株買ってくれるのですごく助かっています。

強制的に買ってくれるからこそ、直近の定期買付で一番安く買えたのが200ドルちょうどでした。

将来的には、今買っていることが資産拡大にすごく貢献してくれると思います。

 

 

今の投資状況を載せます。

2022年2月28日の終値

 

平均の取得単価が210.54ドルなので、まだ辛うじて評価益をキープできています。

ドルベースの評価益率が2.65%です。

 

余談ですが、2020年3月に定期買付を始めた時と比べると、ビザの配当金は2回増配しています。

2020年度の年間配当金:1株あたり1.2ドル

2022年度の年間配当金:1株あたり1.52ドル(予定)

増配率:26.6%増配

当然、ビザのビジネスモデルと今の業績を鑑みると今後も増配する可能性がかなり高いです!

 

最後にビザの株価推移を見て終わりにします。

2017年1月3日~2022年2月28日

ビザ:79.50ドル→ 216.12ドル

上昇率:2.71倍

年間複利ベース:22.14%

ここ7ヶ月くらいは株価が軟調に推移していても、まだ年間22.14%の上昇率を維持できています。

やっぱりビザは長期保有すればするほど、資産拡大が見込めると思います。

 

 

整理すると…

定期買付は資産が築けるようになるまで時間はかかるかもしれませんが、強制的に買いつけるので本当に便利な機能なので是非活用してください。

一般的な投資家は、株価が上昇してくると強気になって投資して、株価が下落すると弱気になって投資を控える傾向にあります。

一般的な投資家と書きましたが、9割近い投資家がそうだと思います。

私は根気強くビザの定期買付を続けていきたいと思います。

2
チャーリー
  • チャーリー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です