2020.9.30 資産公開

#79

こんにちは、チャーリーです!

自己資金で投資を始めてから9月30日でちょうど1年経ちました。

1年間の成果だけだと私の投資のやり方が正解だったのかどうかを判断することは正直できませんが、参考になれば幸いです!

 

まずは2020年9月30日の資産状況を発表します。

※ この現在値はアフターマーケットでの株価なので、終値とは少し違います。

終値ベースで計算すると1年間の成績+50.24%

 

 

同じ期間のS&P500は以下の通りです。

 

市場平均のS&P500よりパフォーマンスがよかったので一安心です。

ただ繰り返しになりますが、あくまで過去1年間がたまたま調子がよかっただけという見方もできるので、まだ何とも言えません…

 

 

次に保有している4銘柄の合計時価と損益率を見てください。

アマゾン、フェイスブック、ビザ、ヤムブランズの合計です。

 

 

これを見てハッキリ言えることは2つあります。

・コロナ下落時に買い増しできたことが、その後の損益を大きく改善できたこと

・時価合計も損益率もデコボコしながらも基本的には右肩上がりになっているので、下手に短期で売買しなくてよかったということ

 

 

私の知り合いの話…

自分の相場観を信じて状況に合わせて売買を繰り返した結果、今現在投資している商品は225ベアです。

※ 225ベア:日経平均株価が下がれば下がるほど儲かる商品

コロナで営業自粛になっているお店が多いにも関わらず株価だけ回復したのでベアを買ったらしいです。この相場観が今後当たるかどうかは誰にもわかりませんが、現状では225ベアを買ったあとも株価が上がったので損をしています。

 

何が言いたいかというと人口動態と株価の連動性を理解していれば、難しく考えなくて済むので失敗する確率も減るということです。

 

整理すると…

今回の成績を踏まえて考えるとやっぱり失敗する確率を減らしたいのであれば、人口動態と株価の連動性を理解した上で長期投資をするのが一番だと思いました。

実体験からそれはハッキリ言えます。

2
チャーリー
  • チャーリー

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です